豆乳クッキーダイエット 質問コーナー | クッキーダイエット 情報館

豆乳クッキーダイエット 質問コーナー | クッキーダイエット 情報館 記事一覧

豆乳クッキーダイエット 質問コーナー

クッキーダイエットもいつの間にか、置き換えダイエットの代表格のようになりました。ここでは、大豆気分のヒット商品、豆乳クッキーダイエットについて、よくある質問をまとめてみました。

Q:豆乳クッキーは1日に何回、いつ食べればよいのですか?
A:1日に1食を豆乳クッキーに置き換えてください。カロリーの高い夕食の代わりに豆乳クッキーを食べるのが一番効果が表れますが、もちろん昼食や朝食でも構いません。

Q:豆乳クッキーに飲み物は必要ですか?
A:おからの満腹感を、より十分なものにするためにも、豆乳クッキーと一緒にコップ一杯以上の水分を摂ることをお勧めします。できれば、低脂肪乳や、紅茶・コーヒーにミルクを入れたものなどをお薦めします。それでもカロリーが気になる方は、「水」か「紅茶(砂糖なし)」にしてください。

Q:安心して食べられる食材を使っていますか?
A:はい。原料には、国産大豆である「北海道十勝産トヨマサリ」を厳選使用していますので、安心して食べることができます。また、昭和26年創業の老舗べーカリーショップのシェフこだわりの味に作り上げていますので、味も品質も自信を持ってお勧めできます。安心してお食べください。

Q:類似品が多いですが、大豆気分の豆乳クッキーはの特徴は何ですか?
A:豆乳クッキーの大きな特徴は、「1食分の栄養がたったの146kcal」ということです。とにかく、1食あたりのカロリーが低いのが人気の秘密といえます。たとえば、お昼の「幕の内弁当」(897kcal)を、「豆乳クッキーダイエット(プレーン)」(146kcal)に置き換えるだけでも、大幅なカロリーオフになります。おからも入っていますから、水分を吸収して、満腹感が味わえます。空腹でつらい思いをしなくてすみますね。

Q:栄養が、かたよったり、不足しませんか?
A:豆乳クッキーダイエットは、ビタミン・ミネラル等、栄養のバランスも、しっかりとっていただけるように工夫されています。さらに、原料の豆乳とおからに含まれる、大豆タンパク、イソフラボン、レシチン、ペプチドなども摂れ、おからの繊維質が、お通じも助けてくれます。
これらの栄養をしっかり含みながらも超低カロリーに抑えられた、直径約3.5センチのクッキー7枚が1食分となります。

Q:豆乳クッキーをダイエット以外の目的で食べてもよいですか?
A:はい。たとえば、空腹でイライラするより、低カロリーで、満腹感が得られたほうがよいでしょうし、あとからのドカ食いもなくなります。忙しい方や、運動不足の方、受験生のお夜食など、ちょっとした間食代わりにも、豆乳クッキーをお薦めします。

 

-|-|-|-
Copyright © 豆乳クッキーダイエット 質問コーナー | クッキーダイエット 情報館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます